jq2wttをフォローしましょう

Amateur Radio Station

JQ2WTT

Web Site

l トップページ l 自己紹介 l 活動記録 l お問い合わせ l
X300(144/430MHz)


第一電波工業のGP X300です。定番中の定番だと思います。
このアンテナはルーフタワーの先端に取り付けてあります。

一時期WiRESのノード局の送受信アンテナとして使用していましたが、「飛び」も「受け」も良好でした。

空中線


218A(21/28MHz)

クリエートデザインの218Aです。中古で入手しました。
スペックは以下の通りです。

         21MHz         28MHz
ゲイン     10.5dBi         10.7dBi
F/B比 平均  23dB          22dB
耐入力     AVG1kW       PEP 2kW
エレメント数          4
エレメント長         最長5.7m
ブーム長             5.54m
回転半径              4.2m

このアンテナは、4エレクラスにしては軽量で、台風などで撤去する際も簡単に撤去することが可能です。
気になる受信感度や送信性能ですが、DPに比べれば断然強く送受信出来ています。サイドの切れも悪くはないと思っています。。

Copyright (C) 2011 Amateur Radio Station JQ2WTT Y.Tamaki. All Rights Reserved.

ゲイン       16.3dBi


初めて手にした指向性アンテナです。
写真の上にあるのは28MHzのDPですが、現在は撤去してあります。

その他のアンテナについては、後日更新致します。

SS-218(144MHz 9ele)

第一電波工業のワイヤーDPです。3.5は短縮アンテナ・7はフルサイズとして作動するようです。

7MHzの共振点を見つけ出し調節することは比較的簡単でしたが、3.5MHz帯はとても苦労しました。SWRが最低点でも1.6以下にならない状態が続きました。

3.5MHzは短縮ですが、その割にはよく飛ぶように感じます。

DP(3.5/7MHz)
inserted by FC2 system